2017年06月14日

今さら映画館「ビジット」

もじゃもじゃです!

さて、公開から微妙に時間のたった映画をご紹介する「今さら映画館」。
今回は、新作「スプリット」で話題のM・ナイト・シャラマン監督の前作「ビジット」
シャラマン監督は、「シックスセンス」「サイン」等で評価が高かった。しかし、次第に低迷しヒット作にも恵まれなかったが、低予算で製作された本作で再び評価を高めた。

ストーリーは、ティーンエイジャーの姉弟が、初めて会う祖父母の家に1週間の予定でお泊りに。優しい祖父母だが、奇妙なふるまいがだんだんあらわになっていく・・・・、というホラー映画。

いや~面白かった!やられました(笑)
シャラマン監督を知っている人、「シックスセンス」や「サイン」を見たことがある人は、「やられ」ます。
シャラマンって何?って人にとってももちろん面白い。
もじゃもじゃ久々に映画を見て、夜の物音が怖くなりました(笑)face02




  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)映画

2017年06月09日

今さらヒロイン♡ キャロライン・マンロー

もじゃもじゃです!

先日レイ・ハリーハウゼンのシンドバットシリーズを観ていたら、懐かしい人が出ていたのでご紹介。
キャロライン・マンローさん!元ボンドガールでもあります。


「007/私を愛したスパイ」の時のスチールだと思いますが、カッと開いたオミアシが記憶に残りましたな~icon06
現在、御年67歳。まだまだお元気なようです!

  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(2)映画

2017年05月13日

今さら映画館:番外編「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

もじゃもじゃです!

いつも公開されてから1年以上たった映画ばかり紹介している本ブログ。
今回は番外編として、昨日封切られたばかりの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」をご紹介。

いや~面白かったですよ!!
もじゃもじゃ一作目も見ていますが、ストーリーが分かりやすくて2作目の方が面白い!
笑いあり、涙あり、もちろんアクションもてんこ盛りのエンターテイメントに仕上がってます。


一押しのキャラクターはやっぱり「ベイビー・グルート」です!冒頭から大笑いさせてくれます。


今作で笑わせてくれるのが、「ドラックス」ほとんどドカベンの男・岩鬼状態です(笑)


途中まで大笑いしながらテンポよく進む「リミックス」。
途中で、「敵は誰だろう??」と思い始めるんですが、何と!という展開。
1作目を見た人には絶対のおススメです!
公式HPはこちら

  

Posted by もじゃもじゃ  at 15:10Comments(0)映画

2017年04月28日

いまさら映画館「ジョン・ウィック」

もじゃもじゃです!

いまさらですが、
「ジョン・ウィック」を吹き替え版で観ました。
KSGを見たかったので(笑)
既に続編が完成していて、アメリカでの興行成績が前作よりもいいようですね。日本でも7月に公開予定で、本当に今さら(笑)

映画は残念ながら主人公に感情移入できず、あまり楽しめませんでした。
あまり映画全体にエモーションが漂っておらず、クールな感じ。
似たような設定の「イコライザー」の方がもじゃもじゃ楽しめました。
あ、どちらも敵役はロシアン・マフィアですね(笑)

KSGはちょっとしか出てこなかったですが、さすがショットガン!車を止めるのに使われていました!





  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)映画

2017年04月13日

いまさら映画館 「シン・ゴジラ」

もじゃもじゃです!

ようやく観ました「シン・ゴジラ」
評判が高いのは知ってましたが「平成ガメラは超えられないだろう」「巨神兵東京に現るの焼き直しだろう」といった先入観が先立ち、情報収集も一切していませんでした。

東宝にも幻滅していたので。
平成ゴジラは、平成ガメラ3部作後も、お子様向けのどこかで見た映像感から抜け出ていなかったので、東宝で作っている限りはダメだな、と思ってました。(昔むかし、スターウォーズが大ヒットした時、「東宝はコンピューターではなく伝統的なつりの技術で対抗します!」と東宝のお偉いさんが真顔で言っていたのを今でも思い出す・・・・)

しかし、巷に溢れるシン・ゴジラ本を立ち読みすると、最初の登場形態とか、火炎放射能(今でもこう呼ぶのか?)の吐き方とか面白そうで、DVDを買ってしまいました~!
いや~面白い!東宝ゴジラや従来の怪獣映画(平成ガメラも含めて)とは、完全に別次元のSF映画でした。しかも庵野監督、樋口監督らしさも溢れている。外交や政権内部の描き方がややステレオタイプ的ではありますが、良しとします。

いや~東宝はゴジラシリーズのハードル上げちゃったね~。
「シン・ゴジラ」だけ突然変異個体として扱うしかないね、今後はface08




  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)映画

2017年03月03日

レギオン

もじゃもじゃです!

現在日本では、FOXで放送されている「レギオン」が面白い。
「レギオン」は映画”X-MEN”シリーズのスピンオフTVシリーズ。

「幼い頃から続く幻覚や幻聴に悩まされ、統合失調症の疑いから精神病院で治療を受けていた、主人公デヴィッド・ハラー。実は彼こそが、地上最強のテレパスで“X-MEN”創始者のプロフェッサーXの息子であった。デヴィッドの覚醒は、新たに始まる巨大なる陰謀劇の幕開けを意味していた…。覚醒するミュータント“レギオン”の持つ、未知の力とは一体…!?」
というのがFOXの謳い文句。


個人的に面白いのは、ピンクフロイドの影響が強いこと。音楽こそ使われていないが、準主役の女性の名前がシドニー(シド)・バレットだったり、フロイドのライブで使われるアニメやバルーンなどのキャラクターが抜け出て来たかのような造形の悪の化身が出てきたりしている。
まだ、全8話中3話までしか見ていないが、X-MEN的な超能力バトルシーンは少ない。
代わりにフロイド的・サイケデリックな、主人公の記憶や内面を辿るシーンが多いのだが、ホラーっぽくて面白い。

レギオンの日本公式HP FOXTVはこちら!


  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:00Comments(2)映画

2017年02月25日

アカデミー作品賞候補 「メッセージ」

もじゃもじゃです!

テッド・チャンのSF「あなたの人生の物語」を原作とする映画「メッセージ」がアカデミー賞の作品賞にノミネートされている。
技術部門ではなく、作品賞というところが、映画の質に期待が持てる。

原作は短編で、異星人の言語の解読/時間軸をベースにした感動的な物語。ドラマチックな展開はなく、派手な場面もないが、SFという設定の中で、感動させる力を持った稀な作品と言える。

映画がどのように脚色されているかはわからないが、主演のエイミー・アダムス、脇を固めるジェレミー・レナー、フォレスト・ウィティカーと言った役者陣には期待できる。5月の公開が楽しみ。

さて、アカデミーの結果やいかに??(ラ・ラ・ランドには勝てそうにないが・・)




  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:00Comments(0)映画

2017年02月16日

裏切りのサーカス 続編

もじゃもじゃです!

もじゃもじゃの好きな映画「裏切りのサーカス」。
70年代の冷戦時代を舞台にしたル・カレのスマイリー3部作「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を原作にした映画。

主演のゲイリー・オールドマンが続編に出演する契約を交わしたらしい。
続編は3部作の最終作「スマイリーと仲間たち」が原作となり、宿敵ソ連諜報部のボス「カーラ」との決着が描かれる。
と、言うことを知り、「裏切りのサーカス」をまた見た。

ポール・スミスの衣装と共に、当時の雰囲気を象徴的に演出したのがシトロエンのDS21。
主人公スマイリーの足として頻繁に登場する。特に飛行場のシーンで、DSの面構えが生きる。
欲しいな~DSface02




  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)映画シトロエン

2017年01月11日

バリー・シーン

もじゃもじゃです!

スズキ絡みでもう1本。
現在、バリー・シーンの映画が製作中である。
バリー・シーンは1976年、1977年と2年連続で当時の最高峰500ccクラスを制覇したイギリス人ライダー。
実力もさることながら、派手な私生活(奥さんは当時有名だったモデルさん、ジョージ・ハリソンはお友達)や言動で注目を集めた。


ガレージではいつもゴロワーズを吸っていた。今やパドックでライダーがたばこを吸っていたら、それだけで世界中から叩かれかねないが・・。
そして、何度も大きな転倒を喫し、何度も足の骨を折りながら、体に無数のボルトを埋めこみながら、復帰してきた男である。

ヘルメットにはドナルド・ダック。ゼッケンはラッキー「7」。
ついでに「サー」の称号まで持っていた。




記録を塗り替える男は今後も出てくるだろうが、バリー・シーンのような男はそうそう出てこないだろう。
映画はいつ公開だろうか?



  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)映画◎バイク

2017年01月03日

エイリアン・コヴェナント

もじゃもじゃです!

正月からなんですが・・・。
「エイリアン・コヴェナント」が公開されるようですね。エイリアン1作目の前日譚、「プロメテウス」の続編。
コブナントかコヴェナントか名称は錯綜していたようですが、公式HPは後者です。

SWと同じくエイリアンは気になるSFシリーズ。
しかし、前作「プロメテウス」がちょっと・・・な出来だったので、今作には期待。
それにしても、リドリー・スコットは「エイリアン」シリーズで何が描きたいんだろう?

公式HPはこちら

  

Posted by もじゃもじゃ  at 09:00Comments(0)映画