2017年01月18日

BB弾比較 ライフル編

もじゃもじゃです!

昨日に引き続きマルゼンの「APSバイオ0.29g」のテストです。
もじゃもじゃカップガンでの結果はいまいちだったAPS弾。ライフルではどうでしょうか?

いつものように距離10m、ニーリング、スコープ2.5倍、屋外ほぼ無風でテストしてみました。
寒いので(笑)、撃ったのはAPS弾のみ。


黒点が約1cm。
やはり、マルゼンには相性バッチリでしょうか?
依託射撃ではないので、撃ち手の技量で最初のターゲット(左)は散っています。
もともと0.28gでセッティングしてあるのですが、若干下目に集中しているのは、0.01gの差か?
たぶん腕の問題だとは思うんですけどね~。

タイプ96との相性が良いことは確認できたので、次回暖かくなったら、他社のBB弾との比較をやってみたいと思います!
3月ごろかな(笑)



  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)ロングレンジ◎Gun

2016年12月07日

「狙撃手」ピーター・ブルックスミス著

もじゃもじゃです!

今回は「狙撃手」ピーター・ブルック著 守真人訳 原書房刊
をご紹介します。

本書は狙撃の入門書的な書籍で、著名な狙撃手から狙撃用ライフルの紹介、狙撃の歴史までを網羅した一冊となっています。訳も平易で読みやすい。
実は本書を読むのは2回目。数年前に一度読んだのだが、20m狙撃をやるようになって、狙撃手に改めて興味が湧いて再び手に取ってみた次第。

今回読んで面白かったのは軍と警察のスナイパーの違いや、スナイパーに適した人格や性格といったところ。
一般の歩兵は自分の放った弾丸が相手を殺す場面を見ることは少ないが、スナイパーはある程度ターゲットについて知ってから、そのターゲットをスコープで拡大してじっくりと見つつ、殺さなければならない。
仕事・任務として「死神」を演じつつ、社会にも適応していかなければならない。しかも自分が行った仕事の結果を一生背負っていかなければならない。

射撃がうまい普通の人が、訓練だけででスナイパーになれるのか?そんな疑問も浮かんできた。
スナイパー関連の書籍をちょっと漁ってみようと思う。




  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)◎戦略関連ロングレンジ

2016年10月03日

Type96 迷彩塗装

もじゃもじゃです!

以前、ガンの素性はお知らせせずに「こんなに当たるのか!?」とやったのは、マルゼンのType96でした。
ヤフオクでかなりお安くポチッたモノなので、見てくれはかなりボロンボロンです。(笑)

が、実射性能は問題なく、10mならダットサイトでも手持ちの電動ガンに余裕で勝る性能。ボルトアクションに、ノーマル電動ガンで対抗することの無益さを実感しました。

12月に行う20SG4(20mロングレンジシュート)では、こいつを投入予定ですが、見てくれが悪いので迷彩塗装することにしました。カラーはP90で使用したインディのタンカラーと、KVⅡで残ったタミヤのオリーブグリーンを使用。100円ショップで買った造花なんか使って楽しみながら塗ってます。
まだうまくできてませんが、ブラウンなんかも追加して12月までには完成予定。



5mmの長い六角がないため、アクションの分解までは行ってません。いずれ色々とパーツを投入して、性能アップを図りたい。
スコープも用意しないと・・・。
実は手持ちのバリスはType96のレールに合わずに、取り付けられないことが判明。

次はスコープだ!face02




  

2016年09月26日

狙撃王!おーちゃん2連覇!

もじゃもじゃです!

20SG3こと、20mロングレンジ・シューティングの第3回を行いました。
場所はシューターの新名所ターゲット1新宿店。
店長さん、スエさんお世話になっております!


今回の参加者は3名。
前回の覇者おーちゃん、セッティングが出て上り調子の4様、そしてもじゃもじゃ。
Gunはおーちゃん、4様はマルゼンのタイプ96。もじゃもじゃはP90。


コースは3タイプ、標準ターゲット、タイムファイヤー(一定時間でターゲットが消え、別の場所に現れる)、ムーバー(懐かしのテレビゲームのテーブルテニスのように、ターゲットが動き壁にぶつかって跳ね返る)で行いました。

セッティングの出た4様が標準ターゲットからリード、続くタイムファイヤでもリードを拡げ、2位おーちゃんに35ポイント差。


4様、このまま独走で初制覇かと思われましたが、迎えたムーバーで、まさかの低スコアface08



ムーバーを高得点で終えたおーちゃんが前回に続き、狙撃王となりました!






あ、もじゃもじゃ3位独走でしたface07
ロングレンジ用にカスタムしてないP90では、全く歯が立ちませんでした。
構造上、バイポッドを付けられなかったのも、痛かった!
枠外に着弾し、弾数としてカウントされないという珍事も連発(笑)
裏技として使えるかも・・・・・

次回は12月の開催予定。(詳細未定・忘年会兼ねる)
ま、おーちゃんブログでも大会とか対決とか盛り上げておりますが、実質的には練習会のようなもの。
競争しながらも和気あいあいと、ボルトアクションのセッティングや扱いに慣れる場です。

え?もじゃもじゃはP90じゃないか?
いやいや次回はボルトアクションでチャレンジしますよ~icon09


  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(2)P90◎シューティングマッチロングレンジ

2016年09月15日

P90でスナイピング?

もじゃもじゃです!

前回のロングレンジ惨敗を受けて、DSA58以外の機種を検討中。
ボルトアクションをヤフオクで物色しつつ、手持ち電動ライフル系で代わりになりそうなものを検討。
ま、現実的にはP90でしょうか?(他にまともに動くものなし・・・)


ちょっと大きめのバンダナに収まってしまうコンパクトさは魅力。
もともとエリオペ用のガンでしたが、一時期フライヤーが頻繁に発生し対処したつもりですが、今ひとつまだ信頼できないのが正直なところ。
ロングレンジでの可能性を探りつつ、フライヤーが発生しないか確認してみることにしました。

まずはスコープ(BURRIS)をDSAから移植。
P90の場合、かなり高い位置に光学機器を載せるため、試射してみると予想通りエレベーションがスコープ側の調整では対応できない。
BURRISはマウント部分とスコープ側が分離できるため、間に厚紙を挟んで調整。




この作業の過程で、BURRISが中国製だということが判明し、ちょっとやる気を失う。(笑)
試射の結果、なんとかスコープ側の調整で収まることが分かり、一安心。

まずは、ksc 0.28gバイオ を使用。距離は10m。
結果は、弾がバラつき、フライヤーも多発。ダメか・・・・?と思ったが、ある程度弾数を撃つことで落ち着いて来たような感じがしたところで、BB弾を G&G 0.3gに変更。HOP調整を行ったところ、とりあえず下記画像程度にはまとまるようになった。



フライヤーの原因と思っていたのはサプレッサーの緩みでしたが、今回のksc 0.28gでの試射の途中でサプレッサーを外してみたところ、サプレッサーがなくてもフライヤーは発生することがわかり、根本的には別の個所に原因があることが分かりました。

次回は別メーカーの重量弾で相性を確認の予定。
フライヤーについては、チャンバーをノーマルに戻すことを検討中。(現在ProWinのアルミチャンバー使用)
さて、これで何とかなるでしょうか??



  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)P90◎シューティングマッチロングレンジ

2016年09月14日

FN/MINIMIか!?

もじゃもじゃです!

前回のロングレンジ・シューティングでの、あまりに不甲斐ない成績に危機感を感じたFN系ファンのもじゃもじゃ。
ボルトアクションをヤフオクで物色しつつ、手持ちのライフルで性能の良いものはないかと思案中。

そうだ!インナーバレルが長い、あのMINIMI!(5年以上放置していたけど)


とりあえず、バッテリーを繋げばメカボは動くぞ~!
しかし、マグがない!(あるけど全く信頼性のない電動ボックスマグだ・・・・・)
しかも、フルオートでしか撃てないじゃないか!!(ま、手はあるが・・・・)
電動ガンでのロングレンジ性能追及の実験台にはMINIMIは良いかも・・・・。
しかし、osamurai工房に出すにしても、パーツもないし、25日の第3回マッチには間に合わんなface04
どうするんだ?次のマッチ用のGUNは?負けを覚悟でDSAでいくか?

そうだ!FNのあの異端児がいるじゃないか!

そして、既にDSAからは、4倍スコープが取り外されているのであった・・・・
(つづく)

  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)◎シューティングマッチロングレンジ◎Gun

2016年09月07日

ロングレンジ・シューティング ますます分からん!

現在、ページのカテゴリーを修正中のもじゃもじゃです!
手を広げすぎて記事のテーマが多くなってしまったので、わかりやすいように直してます。記事数が合わないのは気にしないで下さい。(笑)

さて、前回惨敗した20SG2こと20mロングレンジ・シューティング。
HOPの調整をしたものの、小手先では弾道変わらず、弾の行方は相変わらずの気まぐれ。



ちょっとでもましになればと、再度G&G0.3gを使いHOP調整をしてみた。距離10m2センチの黒点を狙った。
結果はksc 0.28gよりまとまったり、まとまらなかったりと、良いのか悪いのかまるで分らない。(笑)
HOP調整だけじゃダメだろうとは思っているのだが、手元にボルトアクションはなし。
タゲ1新宿店さんで、マルイのボルトアクションをレンタルするという手もあるのだが・・・・・。
アメFALちゃんに手を入れるか??うーむ、迷うな~face04

岩手は遠し・・・








  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)◎シューティングマッチロングレンジ◎Gun

2016年08月26日

20mはムズカシイ!

もじゃもじゃです!

先日20SG2ということで、タゲ1さんの20mレーンでマッチのような練習会のようなことをやりましたが、20mは難しいですね。
なんと言っても、狙ったところに弾が行かないのが、もどかしい。(笑)
セッティングが出ていないと言われれば、それまでなんですが・・・・。
アメFALのような電動ガンで、つまり弾の行き先は弾に訊いてくれ的なレベルのセッティングでは、20m先の、8センチ程度の的のさらに真ん中の4センチ程度のX点を狙うのは、ハッキリ言って無謀です。(わたくしのことですが・・・)

でも、分かっていながら、「0.3gのギャロップに弾を変えて、ホップをしっかりと調整すれば、当たるんじゃないか?」と考える、あきらめの悪い奴がいるんですね~(わたくしのことですが)

ということで、9月下旬頃に20SG3やります!
リベンジとは言いません。
まっすぐきれいな弾道が見たいだけですface08





  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(0)ロングレンジ

2016年08月22日

ボルトアクションか?電動か?

もじゃもじゃです!
20mロングレンジシューティング、20SG2と題して2回目のいわゆるスナコンを行いました!
場所はタゲ1新宿店さん。都内で室内20mの距離が取れる貴重なシューティングレンジさんです。

前回参加の4名(osamurai、おーちゃん、ヨン、もじゃもじゃ 敬称略)に加え、今回は虎穴堂ロングレンジシューティングの名手ロードランナーさんがトレポンで参戦!5名での闘いとなりました。
また、前回は全員が電動ガンで参加でしたが、今回は2名がボルトアクション(マルゼン・タイプ96)での参加となりました。


ターゲットはタゲ1さん備え付けの電子ターゲットの中から、3種類。
①外周7~8、X点が3~4センチの標準ターゲットをライフル・デスク固定、シートに座って、90秒5発×3回。
②標準ターゲットが5秒ほど現れては消える「タイムファイヤー」をライフル・デスク固定、シートに座って、90秒5発×3回。
③最後は大逆転が可能なムーバー。しかも今回は動きながら途中で消えるタイプ。プローンで60秒5発1回。同じくデスク固定で1回。




序盤はロードランナー氏とおーちゃんが僅差でトップ争いをしておりましたが、ボルトアクションの精度を見せつけながらおーちゃんがじりじりとロードランナー氏を引き離し、最後はぶっちぎりでトップとなりました!


前回優勝のosamurai氏は得意のムーバーで逆転を狙うも、逆におーちゃんに引き離され、連覇はなりませんでした。

私もじゃもじゃは出だしからつまずきました。なんとアメFALをフルオートできっちり5発撃ってしまい、DQ・・・・・・・。
結局その後もさえずに最下位を独走状態でした(笑)

さて、前回と同じ条件で撃った標準ターゲットで平均点を見ると、前回が116点、今回が115点でした。
(今回の点数にはDQになったもじゃもじゃの点数を参考の為入れてあります。)
ボルトアクション、トレポンと精度の高いガンが加わった割には点数が伸びておりませんが、今後ガンのセッティングがしっかり出て、20mという距離に慣れてくれば、点数も伸びてくると思います。

次回日程は未定ですが、JANPSやリミテッド等の合間をぬって、また行いたいと思います。
次回はボルトアクション比率がさらに高くなることは必至か?!




  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(2)◎シューティングマッチロングレンジ

2016年08月01日

遥かなり!20m

もじゃもじゃです!


先週末に新宿のターゲット1さんで、20mのロングレンジにチャレンジしてきました。
参加メンバーは最強の還暦シューターおーちゃん、シューティング界を陰で思いっきり支えるドクターosamurai、さすらいのコレクター4様、そして私もじゃもじゃの4名。

おーちゃんブログ等でさんざん勝負だ!と煽っていましたが、参加メンバー皆20m初体験(笑)、備え付けの優れものターゲットに触れるのも初めて。
ということで、セッティング半分、勝負半分といったところ。
ガンはM4系が2丁、AK1丁、FAL系1丁。しかも皆電動。本当にスナコンか?
osamurai氏によれば、「電動でどこまでやれるかに今回の意義がある」とのこと。


まずはセッティング。一人5分程度の時間で、入れ替わりにセッティング。
「あれ~?」「マジかよ~!」と言った声が飛び交うほど、思ったところに弾が行かない(笑)
もじゃもじゃも10mでは思ったところにバッチリ行っていたので、バイポッドつければ楽勝と思っていたところ・・・
今のはシュート?あれカーブ?ワンシームにツーシーム?はたまた魔球ナックルか?という位の散り具合。
それでも、競技開始。

最初はシッティング、ガンはテーブルに固定で7センチターゲット、90秒以内に5発。これを交互に3回。
一番は何と!もじゃもじゃ。しかし、自宅で十分に練習を重ねたおーちゃんが同点で2位。

2戦目はシッティング、ガンはテーブル固定で5センチターゲット5枚に各2発ずつ。90秒10発。これを2回。
狙点をずらしての射撃は難しい。
ここではおーちゃんが地力を発揮して、ダントツのトップ。


そしてラストのムーバー。
7センチターゲットが、懐かしのテレビゲームのように壁に当たってはね返るのを、リードを取って狙い撃ち。
全員JANPSシューターだけに、ムーバーには気合が入ります!(笑)
ムーバーで無類の強さを発揮したのがosamurai氏!恐らく、ターゲットソフト上の最高得点と思われ、congratulation!の文字が踊っていました。総合でも大逆転の1位!


このムーバーで、地味に下位に甘んじていた4様もランクアップ!総合2位!


トップだったおーちゃんはムーバーで全くスコアが伸びずに、まさかの最下位face07


もじゃもじゃは結局3位に沈みましたが、面白かったのは最後の大逆転。
皆が慣れていないせいもあるとは思うが、20mという距離は電動ではギャンブル性が高く、あれよあれよと言う間に順位が入れ替わる。

終了後の反省会では、既に次戦の構想を練る各人。今回使ったガンのカスタムをして精度を向上させたいだの、ガスライフルでやろうだの、ハンドガンでやろうだの、湯水のようにアイディアが沸いてきます。
もじゃもじゃ個人的にはもっと精度を極めて、タゲ1さんのスナコンや、岩手にもチャレンジしたい。
皆をボルトアクションの方向に丸め込む所存です(笑)

こんな具合に皆に色々な思いを抱かせる20mというロングレンジからは、これから色々と楽しい遊びが生まれてくる可能性がありますよ。





  

Posted by もじゃもじゃ  at 11:28Comments(2)◎シューティングマッチロングレンジ